FC2ブログ

エロ動画をPCに取り込み「後で快適に観る」ための全工程?

無料で最高に楽しめる「エロ動画」とそのとんでもない名作達を紹介してみる。 一人暮らしのエロ動画を節約する方法。 日本の全おじいさんに捧ぐ!現在公開されているエロ動画一覧 エロ動画が苦しんでいる。どこの国のエロ動画が助けてもいいじゃないか。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

中に出して~~グチョグチョ出してー ぐぐぐ~って

結婚8年目、32歳のスキモノ女です。


ダンナとは2年以上SEXも無くさびしい蜘蛛の巣状態です。


去年くらいからダンナが海外で仕事で一か月程居ない時に、夜のお店に通い、数日後お誘われて、別の店に行こうとか、カラオケ行こうとか誘われてしまいましたが、


心の準備もですし、もしエッチなホテルに・・・って思うとヤバイかなと思いその時は断りました。


1週間程したある夜「久し振りだねー」「おごるから一緒に飲もう」と言われ遠慮なしに飲んで騒いでたら、
酔いもかなり回り、男の人達にタッチしたり、寄り添ってさわりまくったりしました。


帰る事になり 暗黙の了解みたいなかんじでエッチなホテルに行きました。
でもその時は一人と 思ってましたが、エッチ途中で酔いが覚めたときもう一人居ると気づきびっくり。


ベットに寝かされファスナー下ろされ、あちこち色々キスされながら大事な下着ペロンと脱がされ、指でかき回された頃には、すでに濡れまくってて音まで出てました。


フェラしながらグチュグチュかき回されて、ズブンと挿入られた時 え! なぜ? フェラして るのに?って 2人だったのです。



犬スタイルでオチンコをフェラーリしながら後ろからドスンドスン突かれ 男の人が逝ったらザーメン背中ピュチャピュチャに出されて、


私はそのままの格好で次の人にドデカイの挿入され 顔布団にうずめながらバックから激しくドカンドカン突かれまくって
またザーメン背中にど大量に出されました。


「大丈夫か?俺たちこんなどスケベなことして」「知れたらやばくないかよ」とか聞こえてきました。



私は「大丈夫よ。凄く気持ちよかった~わ」 それから3人でシャワーしながら、かわるがわるにフェラーリしてあげて、ウフフ
2人に抱きかかえながらベットに行き 今度は私から攻めて挿入しまくってもらった。



ヒーッヒッヒッヒッヒになってる私は 「いい~~ イクー もっともっと突きまくって~^  ああ~~気持ちいい~~」ウゲーオゴー
ああ~中に出して~~グチョグチョ出してー ぐぐぐ~って奥深く突いて突き上げてきたとき、温かく感じて 〇〇出されたときの快感が物凄く気持ちよかったわ。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

[ 2017/05/04 22:15 ] 未分類 | トラックバック(-) | CM(0)

「バックでして…突きまくってー」2回目は鏡を見ながらバックでおねだり。

夫はエリート銀行員。

収入は凄くあるのですが忙しく、出張も多いので私のこと相当構ってもらえてません。



そこで友達に薦められて何となく始めたのが有名SNS。



でも特にセックスやりまくりたいとかではなく、ただ数々のいろんな男性とお話しするきっかけが欲しかったんです。

とあるSNSで三ヶ月前に知り合って、いわゆるオフ会で一度飲みに行った26歳の彼。



その時は複数で飲み会だったので、特にエロエロな事も無く健全な飲み会でした。

それで先日久々に彼に連絡を取ってみて会うことにしたの。



また「ひとまずご飯でもしよか」ってかんじで居酒屋へいっちゃった。

ありきたりに飲んで食べて、お互いの近況やら夫・彼女の事を話したりなんかして、時は淡々と進んでいきました。



21時くらいまで飲んでて『23時前には俺帰りたいよ』と言われたので、あぁ〜残念、今日もエロ系は無しだなって思ってました。

実は見込みしてたんですよねー。



すごくかわいい子だったので…喰いまくってやろうと思っていたら、話は思わぬ方向へ。

私の何だかエロオーラが出てたんでしょうか?!「このまま帰ります?それともどっか行きます?」と、彼が切り出した。



「せっかくだからどこかエッチなとこ寄って行こうか!」アダルトの男女がこういうトークしたらだいたい行くところは決まってますもんね(笑)結局、店を出てその足でいやらしいホテルにヤリに向かいました。



宿泊施設に向かっても、なんだか二人の間にエッチなムードも無くただ淡々と進んでるって感じ。



雨が降ってて手がふさがってたのもあるけど、手をつなぐ事も無くスキンシップがあるわけでもなくそのまま宿泊施設へ…宿泊施設に入ると、そこの部屋はほぼ全面鏡張り!びっくりしました。

「今どきこんなとこあるんだ〜」なんて反対に感心してしまいました。



でも初めてドスケベなことする人と前面鏡張りの部屋って恥ずかしくないですか?!彼が上半身だけ服を脱ぐ。

私が座ってる横に最適寄り添って座ってきました。



何となくわずかの間も耐えられなくて思わず自分からキスしてしまいました。

キスしたらもうアタシはダメ。



スイッチが入ってしまいました。



多分、彼もそうだったかも。



抱きしめられ服の上からでも彼のモノが硬くなってるのが解りました。

キスしながら胸を触られる。ああーやりたい。



それだけで気持ちよくなって力が抜けちゃう。



上半身を全部脱がされておっぱいを乳首中心に愛撫されたらいつものように体がビクビクって反応しちゃってヌレヌレ、彼は感じやすい私を面白がってました。



それから彼は膝をついた状態で下からアソコを指でクチュクチュされたんだけど…すごく上手くてあっという間にいかされちゃいそうになっちゃった。



舐められるのが恥ずかしい私は「嫌、気恥ずかしいよ」「そう言われると余計にしまくりたくなるんだよね」そう言って私のアソコを丁寧に舐めまくってきます。



10歳も年下なのに彼はとってもエッチ上手。

でも結局、クリを重点的に責められて指でも舌でも何回もイカされまくっててしまいました。



実際に気持ちよくて感じすぎて体はすっごく熱くなって汗ばんでました。

フェラチオさせてもらったけどなんだか凄く大きくて舌がうまく使えない。



わずかしてから彼が、「どうやってぶちこんでもらいたい?」って言われたので迷わず正常位でってお願いしました。

そうして私はベッドに横たわると、彼が上から覆いかぶさってきました。



そしてとうとう入ってくる。ぶちこまれるー。



あぁ、なんと凄く大きい。



ずぶずぶって感触となんだか穴が広げられてる感触。

久々にちょっと痛いくらい。



でも徐々に慣れてくると、それが快感に…腰をふりまくられたら気持ちよくて、「いぃ〜!!あぁ…すっごくいい!」って叫んでました。



挿入されながらクリを触られると「だめ…イグーーー」って言いながら体がまたびくって反応しちゃう。



「あっ〜ん、主人より気持ちいぃ〜どでかいー」そう喘いでいると、「本当に?じゃあ一層感じさせちゃおうかなーー!」加えて激しく奥まですごい勢いで突きまくりまくってくるんです。



めちゃめちゃ感じたまま、彼もフィニッシュ。ぴゅーぴゅーーーー。

ぐったりして二人でベッドでまったりする。



でも彼の手は止まらずに私の体中をさわさわしてくる。

やはりフレッシュなだけあります。



止まらなくてなお感じてきてしまいました。

そのような私をみて、彼が、「ほんとにどすけべで、いやらしい体だよね〜♪」ってニヤニヤしています。



布団の中で体中触られまくってたら、また濡れてきました。



彼の手を私のアソコに持っていき、「まだこんなにびしょびしょ濡れてるんだよ」っていうと、私の弱いクリクリを責めてきました。

途中で意地悪してビラビラを広げたりして弄びながら楽しんでいるんです。



そうかと思うとピンポイントでクリトリスを責められて、「あぁ、ダメーーー、またィ、イク…」って声とともに足を痙攣させていってしまった。



本当に何回もイカされまくりました。

彼のモノに手を伸ばしてみました。



確認すると、またわずか復活してきたみたい。



私はやや復活してきた彼のモノを自身から口に含んで、最初のときのように硬くなるまでしゃぶりました。

彼も自分でまた硬くなったのを自覚したのか、私の口から身体を離して正上位で入れてきました。



2回目はアソコが彼の大きさに慣れたのか痛くない。



「バックでして…突きまくってー」2回目は鏡を見ながらバックでおねだり。

年下の彼に後ろから責められて突きまくられてるのはなんて屈辱的な姿なんだろう。



でもそれがとってもやらしくて感じてしまったんです。

片腕を持ってもらって鏡を見ながらのバックは言うなら犯されてるみたいでした。



私は枕を片手でギュっと掴んで力を入れてしまいました。

また、あまりに気持ちよさにまた6回もいってしまいました。



快感の波はまだ持続し、何度も何度も絶頂がやってきます。

「アァ!!!あ〜っ!!ダメ!!もうだめぇ…」私は声にならない声を出し続けました。



私がおかしくなりそうになっていたところで、彼のモノが突然、「ドクン!!」と大きく脈打ったのがわかりました。

彼は慌てて私のアソコから抜いて、私の口に中にねじ込んできました。



私は口を開けてそれを受け入れました。ドクンドクドクンピュアードクドクドクン

脈打つたびに熱い液体が口の中に注がれ、それを一滴残らず飲み干しました。



彼は年上の女をいかせまくって満足気で私を見下ろしていました。

加えて私の横に共に倒れ込むように添い寝してきました。



その後、彼には会っていませんが、その上機会があればまたはめまくりたい…と思っています。



[ 2017/04/26 21:05 ] 未分類 | トラックバック(-) | CM(0)

イッちゃう!そんな激しくされたらイッちゃいます」「先生、元気ね!

先生には彼女がいない事がわかったの。


先生だってフレッシュなんだから、きっとかなりアレが溜まっちゃってるのよ。うふふ

たぶん自らでシコシコとしこりまくっちゃってるのね。



どんな事想像してしてヤッテるのかしら…それとも今どきはAVとか見ながらシコシコしちゃってるのかしら!?AV見てるとしたら、如何なる中身のビデオ見てるのかしら・・・?もしかして、家庭教師と教え子のフレッシュなお母さんなんて設定だったらスゴイわね。



そのようなこと考えただけで、私ったらなんかアソコが熱くなっちゃてヌレるのが自分でもわかるの。

それに私の下着だってもうぐっちょぐっちょになちゃってる。



先生は帰ったけど、2階に息子がいるんじゃ、まさか一人で出来ないし・・・ひとまず実際は我慢するしかないわね。

あぁ、あぁ、でももうダメ!抑えていれば、抑えているほどどんどん妄想が膨らんでいっちゃうの。



今度、先生のこと襲っちゃおうかしら!?あぁ、こんなこと心積もりちゃうなんて私ってどすけべでよっぽど欲求残念なのかしら?でも、もう旦那とはしたくないし出来ないし・・・旦那としないとしたら、今後私は誰とセックスしたらいいのかしら?もしかして誰ともしないうちに、ほんと中年になちゃうのかもしれないのね。



こんなこと言うのもなんだけど、息子の友人のお母さん見てもみんな太っちゃってるし、肌も皺が増加してきてるし、スタイルはほんとおばさんなのよ。



それに比べて、私はまだ20代のコーデを維持してるし、肌だってぜんぜん清純だもん。

今度からもうちょっと露出の多々ある服装して、ちょっと若い男の子を悩殺してみようかしら!?

最近、旦那と喧嘩することが多々あるの。




ちょうどその日は家庭教師の先生が来る日だったんだけど、忘れてて息子の帰ってくる3時前到着しちゃったの。

でも、来ちゃったものはしょうがないじゃない。



それでも先生の顔見たら私も旦那との喧嘩なんて忘れちゃった。



それで、その日は先生が早く来たから、ゆっくり居間でお茶が可能なし、そうそうその前から聞こうと思ってたことも聞いちゃおうと思ったの。



「先生って彼女いるんでしょ?」「いや、いませんよ」「そのようなウソ言っちゃって。



ほんとはモテるでしょ?」「いや、ほんといないんですよ」「どれだけ?」「もう半年ぐらいですかね」「あら若いのにもったいない」「けっこう億手なんですよ」「そうなの・・・」そのあと直ちにに『じゃあ、先生は全然セックスしてないの?』ってよっぽど聞こうかと思っちゃったの。


でも済んでのところで思いとどまって止めたの。



「先生、半年も彼女いないんじゃ、悶々としちゃってるんでしょ?」先生もはじめ何を聞かれてるのかわからないみたいで生返事で返答したの。



そんな訳でまた私は「フレッシュなんだからどんどん少女と付き合って発散しなきゃダメよ!」

それから他にも私が、「ひとりでばっかりしちゃ、体に悪いんだから・・・」私も自らがひとりでばっかりしてるのによく言うわ。



でも、先生もついに趣旨が理解できたみたいで突然顔を赤らめてたわ。

それを見てほんとにウブで億手なのがわかったわ。



こちらからリードしないと先生からは誘って来ないと直感した私は突然立ち上がって先生のソファの横に腰掛けたの。

先生がドキドキしているのが横に座っているだけでわかるのよ。




私は先生の膝の上に手をおいて、「先生って想像以上にウブなんですね。

女子は積極的な男性の方が好きなんですよ」



そんな事を言いながら私は膝の上においた手が次第に先生の股間の方に寄ってっちゃたの。

そしたら先生、耳赤くして「そ、そのような・・・別に」って答えになってないこと言っちゃってますます私のペースになっちゃったのよ。



「もしかして先生って、女の人まだなの?」って聞いちゃった。

「そのようなことないですよ。




「じゃあ、何人ぐらいの女の人と経験あるの?」私っていじわるかしら?「そんな事どうでもいいじゃないですか」「いや、もしかしたら先生って童貞なんじゃないかしら?って思ったから・・・」「当然、差異ますよ!」「そうよね!ごめんなさい。



先生モテそうですものね」って言いながら、相変わらず先生の太ももから股間周辺を指で刺激してるの。

「別に。



そんなにモテはしませんけど、アレは馬並みですよ。



女性経験も豊富じゃないですけど、そこそこありますよ」「別に変な解釈で言ったわけじゃないの。

気を悪くしたら謝るわ」なんて先生には言ったけど、先生もけっこう強がってる感じ。



もうちょっといじわるしちゃおうっと!「あっ、ごめんなさい。



先生の膝にずっと手置きっぱなしで・・・でも、先生なんかさっきよりアソコのところが盛り上がってる・・・」私はじっと股間の馬並み部分を見たあと先生の顔を覗き込んだの。



そしたら先生も恥ずかしそうにうつむいちゃっったの。



「先生もしかして馬並みおちんちん立っちゃってるのかしら?」先生は「・・・・・」

「若いから仕方がないわよ。



別に恥ずかしがる事じゃないのよ」って言いながら私はもう先生のズボンのベルトはずしてたの。



先生腰引いて身をよじってたけど、もうここまできたらお構いなしね。

「先生、大丈夫よ!」



そしたら先生突然抵抗しないで大人しくなったの。



私の大丈夫の一言できっと先生もわかったのね。

だって顔を真っ赤にしてうつむいたまま動かないの。



もしかしたら、先生って童貞なのかも!何となく私もドキドキしちゃって、もうダメ!止まらない・・・暴走しちゃいそう。

もうズボンの上からでも明確とぐらい大きくなっちゃったてる・・・「先生ったら、こんなに大きくしちゃっていけない子ね!どでかくして!



溜まってるんでしょ?」「・・・はい」「じゃあ、いいことしてあげるわね」「えっ」そう言いながらさっき外したベルトのズボンのチャックを下ろしてたの。



しかも先生を立たしてズボンを脱がしたの。

「あっ」思わず私は声を漏らしちゃった。



だって、ソファに座ってる私の目の前にアソコがモッコリしたボクサーパンツがあるんですもの。

私は我慢できずにパンツの上からおちんちんを握っちゃったの。



その上、恥ずかしがる先生の手を払い除けて、いっきにショーツを下ろしちゃったの。

そしたら、硬くなった馬並みおちんちんがバネのように弾けたの。どでかーい!!



先生は恥ずかしそうに「あっ!」って声を出したの。



先生のおちんちんでかくて、色はまだ薄いピンク色で亀頭の色もキレイなの。



それ見てただけで、もう私のアソコはヌルヌルのびちょびちょに濡れちゃってるのがわかるの。

もう旦那ともセックスレスステータスでよっぽど飢えてたの自覚したわ。



私はもはや自然の成り行きで先生のおちんちんくわえちゃったの。

「あぁっ!」その瞬間、先生声出しちゃってたわ。



きっと先生も私と同じで毎日オナニーばかりで溜まってたのね。

先生のおちんちんすごい元気なの。



何度も何度何度も私の口の中でピクピクピク動くの。

私は唾液をいっぱい出して、ジュパジュパ音を出しておち○ちんしゃぶってあげちゃった。



何度かカリの部分を引っ掛けてお口の中で取り出ししてたら、急にビクンってして「お母さん、ダメです!もうイッちゃいます。

あっ、あっ、イクッ〜!」って言って私がまだダメって言う前に、もうお口の中にいっぱいドロドロした濃い精子出しちゃったの。



すごい量でお口の中ネットリしちゃって、とてもじゃないけど口開けられないのよ。

ほんとドクドクって感じで脈打ってるの。凄い量



でも私お口の中にあるネットリした濃い精子ゴクンって飲んじゃった。

それで先生のおちんちん見たらイッたばっかりなのにまだピクピクして上向いちゃってるの。



信じられない!ほんと若い男の子ってすごいの。



それ見てもうたまらず、自分からブラウスのボタン外して、同時にスカートのファスナーも下げてブラとガードルだけになっちゃったの。


それで先生をソファに座らせて、わざと先生の鼻先に胸を近づけてブラジャーのホックを外したの。



先生ちょっとびっくりしてたけど息遣いが荒くなってたわ。

先生の表情を見ながら、先生の目の前に乳首を差し出したの。



そしたら先生私の乳首にしゃぶりついたの。

それもすごい勢いで!ほんとチュウチュウって感じ・・・吸引力がすごいの。



今頃こんな勢いで乳首吸われた事ないから、感じて思わず声出しちゃったの。

それも双方の乳首を交互に相変わらずすごい勢いで吸うの。



さすがに強弱はないけど、先生無意識に音を出して吸うから不必要に感じちゃって、私ももう感じちゃって常識的に声出しちゃってるの。



その感じちゃってる声で先生も感じちゃってるみたい。

だって、またおちんちんビンビンになっちゃってピクピクしてるの。



私のアソコはもうビチョビチョでパンティーに大きなシミができてるのがわかったの。

もう我慢できなくて自分からパンティー脱いじゃった。



それで先生の上に跨って、自身から先生のおちんちん握ってアソコに挿入しちゃったの。

最初はゆっくり腰を沈めていって、最後はグッと奥まで入れちゃったの。どでかすぎ



先生も入れるとき「うっ・・・」って声を出して私の中の具合を確かめてたみたい。



私も久しぶりにこんなに硬いどでかいおちんちん入れたんで思わず大きなヨガリ声出しちゃった。

アソコに先生のおちんちん馴染んでガッチリしてきたから、私のほうから奥に当たるように自分のペースで腰をグラインドしちゃったの。



それで先生におっぱい揉ませながら、私はさっきより激しく腰をグラインドさせたの。

もうこんな感じちゃってるの久しぶりでいっぱい濡らしちゃってる。



たぶん先生の股間のあたりは私の愛液でビチョビチョにおなっちゃってるはずだわ。

先生ったら、「お母さんのオマンコすっごいキツイです」とか「あぁ、ちんちん気持ちいいです」とか言っちゃってたわ。



それで私は抜けないように注意を払って、両膝を立てて先生の首に手を回してまさに抱っこちゃんステータスで自分から取り出ししたの。



それも入口のビラビラで先生のカリを引っ掛けるように激しく出し入れしたの。

私この引っ掛かる感じが好きで、これ続けるとすぐイッちゃうの。



それでリズミカルに取り出ししてたら、先生もカリを引っ掛けられると気持ちいいみたいで、「もうダメです。

さっきイッたばかりじゃない。



私ももうダメ!共にイキましょう」って、さっきよりさらに激しく深くまで腰を落として取り出ししたの。

「あぁ、あぁ、あぁ!ダメ、ダメ、ダメ!イッちゃう!イッちゃう!イッちゃう!イッちゃう!イッちゃう!先生も一緒に来て。



いい?いい?一緒にイクわよ!」「ボク、ボクもうダメです!もうイッちゃいます!あーあーあーーーーうごーー」「いいわよ!中に出して!中にいっぱい出してちょうだい!さっきみたいに濃いのいっぱい出してちょうだい!」「あぁ、イク、イク、イク!!」「あぁ〜ぁ、先生私も!イク、イク、イク、イッちゃう!イク、イク、あぁ、ダメ!ほんとイッちゃう!あぁ、あぁ、あぁ、イク〜ッ!」お互いイッちゃった。


そのあと私のほうはしばらく放心状況。


久しぶりにアソコの中でおちんちんがビクンビクンしながらドクって精子出される感覚を味わったわ。

あの時って、いちばん女を感じる時なのよね。



知ってた?そう、まだ先生のが入ってるわ。

だいぶ息遣いも整ったから、ゆっくりおちんちんを抜きながら先生の膝から下りたの。



何かお互い照れくさいと言うか気まずい感じだったんだけど、何せモタモタしてると息子がもうじき帰ってくるから私は先生にティッシュを箱ごと渡して急かしたの。



先生も我に帰って急いで股間周辺をぬぐいてズボンを履いてたわ。



私もティッシュでアソコを押さえて中から出てくる先生の精子をどうにか出し切って急いで下着を着けて服を着たわ。

それでもう一度ヤツたわ。



「先生、さらに誘っちゃうからね!」「えぇ、まぁ・・・」「先生の方から誘ってもいいのよ」「えぇ、はい・・・」「よかったんでしょ?2回もイッちゃって」「は、はい。



すいません」「別に謝る事じゃない。



フレッシュなんだから2回でも3回でもイッちゃってもいいのよ」「は、はい」「先生、今度は時間のある時にいっぱいしましょうね」「いいんですか?」「いいわよ!今度は私のこともいっぱいイカせてちょうだいね」「頑張ります」ガチャ、バタン!あっ、息子が帰って来たようだ。



[ 2017/04/25 18:11 ] 未分類 | トラックバック(-) | CM(0)

ヤリたい!紗枝子の寝姿にアソコがビンビンしてる。



土曜日の夕方より同じ課の飲み会があり、久しぶりに盛り上がり、しこたまアルコールが入り、一次会ニ次会と進み次第にメンバーもちりじりになり、カラオケが終る頃にはもう終電車もなくなっていた。

 
私は電車で片道2時位のマンションから通ってい、サウナホテルにでも泊まろうと腹積もりていた。


 ところが其の日に限り初めから結構盛り上がっていた紗枝子が明日は会社はお休みだし私のマンションでもう一度飲みなおしをしましょうと誘って来た。


 日頃はどっちかと言うと積極的とは縁の遠い彼女であった。


 私28歳独身。


紗枝子は32歳で独身。


と言っても紗枝子はバツ一で4年位前に離婚して実際は一人でマンションに住んでいる事くらいは聞いていた。

御主人の浮気がきっかけだそうだ。

 

身長も高く165cmはゆうにある。



 進められるままタクシーで紗枝子のマンションへ行った。

途中缶ビールとおつまみも買って行った。



さすがに私の部屋と違い女性らしく綺麗にしてあった。

 飲みなおす前紗枝子は私に風呂を進めてくれた。



非常に気が付く紗枝子であった。



 私と入れ替わりに紗枝子も風呂に入った。



其の間、私はビデオテープが置いておる箱から一つ抜き去り缶ビールを飲みながら横になって見ていた。

 お風呂から上がった紗枝子は法人にいる時と違い束ねた髪を解き、思いもしなかった色気を感じる一面を発見したような気がした。


 買って来たビールをすっかり飲み干し寝る事にした。

間に合わせの寝床を作ってくれデフォルト眠りについた。



 どれくらい寝ていたのか洗面所に行きたくなり用を済ませ紗枝子の寝室の傍を通る事例ドアのノブを触ってみたら、鍵がかかってなかった。



 酒の勢いからかそっとドアを開け覗くとベットで寝ている紗枝子の姿があった。

 その時風呂上りの紗枝子の肢体を思い出し、一思いにしのび足で紗枝子のベットにちかずいた。



スースーと寝息をたてて眠っていた。

 ベットサイトにはブラが置いてあった。



眠る時はブラはしないんだと考えながら、布団の上から紗枝子の胸の盛り上がりを見た私は決心した。

 そっと紗枝子の唇に自分の唇を重ねた。

 

少し顔を動かしたが起きる様子はなかった。

今度は舌を紗枝子の口に持って行った。



 ここまで来るともう我慢が出来なくなって、そっと布団を除け紗枝子の横に身を寄せた。



 寝返りを打って横向きになった紗枝子に後ろから体を寄で抱きついた時紗枝子は目を醒ました。

 ビックリして半身を起こしてきた。



お互い向き合って目と目をしばらく当てはめた。



「何しているの? どういったつもり?」「ごめん。



風呂上りの君が目に焼きついて眠れなくなったんだ。

抱かせてほしい。

」と言って起きていた上半身に抱きつきベットに倒し上になって唇を重ねた。



 少しの間抵抗をしていたが其のうち力を抜き私の体に両手をかけてきた。



 胸の膨らみが身体に感じ勃起している下半身を紗枝子の下半身に重ねた。

トランクス越ではあったが・・・。

 

ボディーをずらし紗枝子の胸に口を移し乳首を舐めた。

嫌がる様子もなく少しあえぎ声を発していた。



 片手でパンティーの中に手を入れ陰毛を撫でてみた。



紗枝子は腰を動かせて私の手を避けようとしていたが構わず布団を剥ぎガードルを脱がせた。

 

急いでトランクスを脱ぎもう一度紗枝子の下半身に自分の下半身を重ねた。

 両脚をわずか開いたのでボディーを間に入れ中にわずか私の下半身の先を当てた。



 気のせいか加えて脚を開いた気がしたので一度に根元まで挿入した。

すんなりと全てが収まった。



 いままで以上に俺の背中に力を入れて抱きついてきた。



 私の口から紗枝子の口を離しよりあえぎ声が頻繁になって来た。

 私はもう止めることが出来ずヨツンバイになって腰を動かし始めた。

 

 しかし長くは続かず射精してしまった。


抜き去ることが出来ず中に出してしまった。



[ 2017/04/25 15:04 ] 未分類 | トラックバック(-) | CM(0)

私はたちまち登り詰めて行ったのです。



ホントに、男性は中出しが好きなんですね〜と改めて感心しています(苦笑)。おっしゃる通り、女も中に出される方が気持ちいい時が多々あるんですけどね、悩ましい無用さえ可能なな時なら。


そのような訳でと言ってはなんですが、折角ですので私のメモリー話も聞いてください。



え〜と、あれは学生の頃ですから10年以上も前の話になります。



ある日、その頃付き合っていた彼氏とその仲間男女2組、当てはめて6人でお酒を飲んで盛り上がっておりました。



全部仲のいい仲間同士でしたので、みな気分良く酔い、彼の住まいになだれ込んで深夜まで騒いでいたのです。



そのうち何故かえっちな話に花が咲くようになり・・・私の彼氏が「実演〜〜!!」とか言いながらみんなの前で私に襲いかかってきたのです。



男性陣はすごく盛り上がってまして、あとの2人も各々の彼女に激しく挑みかかっていきました。



もっとも、女陣はどっちかと言えば恥ずかしさが先に立っているようで、それに随分飲んでいた事もあり、私以外の2人はその内「もうやめて〜〜!」と言いつつ逃げて行ってしまいました。



ま、もちろんと言えば言うまでもなくですが(苦笑)。



可哀想なのは残された男性2人。



「なんだよ〜〜、見せたって減るもんじゃなし・・・」「俺のムスコ、行き場がないじゃんかよ〜〜」と愚痴をこぼしています。

私の彼氏も恐縮してしまって「悪ノリが過ぎたかなァ・・・」と反省していました。



私はと言えば・・・その頃の彼氏は結構Sっ気のある人でして、野外プレイなどをだいぶ教え込まれていたせいもあるのかあまり抵抗はなく、むしろ盛り上がっていたのを中断されてうずうずしていました。



ですのではだけた服をあまり直しもせずに男性陣の反省会に参加し、「常識的は恥ずかしがるよ〜〜」などと合いの手を入れてました。



「まなちゃ〜〜ん、それは刺激が強いよ〜〜」「下まで見えるよ〜〜〜・・・って・・・・」仲間の一人がある事に気が付きました。

その頃の私は彼の趣味で下の毛を剃ってまして・・・つるつるでした。



「え?お毛毛?剃ってるんだよ(笑)」いや〜〜、酔ってたんですね〜〜、思わず私は脚を広げ2人につるつるのオマンコを見せていました。

「おいおい、あんま刺激するなよ〜〜。



2人のおさまりつかなくなるじゃん」彼氏はにやにや笑いながらそのような事を言うばかり。



「じゃあ、2人で見せ付けるか!おまえらまなのマンコでセンズリでもしたらいいじゃん」その上そのような事を言いながら私の服を脱がし、彼らに見せつけるように私のボディーをまさぐり幕開け出来たのです。



食い入るように私の体を見つめる2人のペニスは、ズボンを突き破るばかりに勃起しています。

他にも彼らの視線を感じながら、私はたちまち登り詰めて行ったのです。



「なんだよ、見られてるといつもよりすごいじゃんか」からかうような彼の声。

確かに、いつもよりすごく感じてました。



その内・・・「うん、いつもよりすごく感じるよ。

貴方が気にしないならみんなに犯されたいくらい・・・」私は、そのような事まで口走っていたのです・・・。



一瞬、3人が強張るように見詰め合ったのが感触的でした。



彼が頷くと、2人は私を見つめました。

私が頷くと・・・彼らは震えながら服を脱ぎ、おずおずと私に近寄ってきました。



「なんだよ、ちんぽびんびんにしてびびってても説得力ないぜ〜〜?」彼がからかうように言います。

私は彼らのペニスに顔を寄せ、交互に愛撫をしてあげました。



3人はそれを皮切に獣と化し、私にむしゃぶりついてきました。

「まなちゃんのおっぱい・・・でっかくていいなぁ〜〜〜」「オマンコ艶やかだな〜〜!!」「そうだろ〜〜?俺の彼女は天下一品だぜ。



驚いた事に言ってもスケベだしな〜〜」彼らの誉め言い回しが更に私の理性を麻痺させて行きます。



「オマンコだけじゃねぇ、口にもアナルにもチンポぶち込まれるの大好きなんだぜぇ〜〜」「お、俺アナルに入れてみてぇ・・・」「俺のチンポしゃぶってよ〜〜」私は全身の性感帯を並行して責められ、忘我の極致で3人の愛撫を受け入れました。



「丸ごと一緒でもいいだろ?」彼氏が下から、一人がアナルを、もう一人が私のお口をペニスで貫いたのです・・・。

ところが・・・これは今一つでした(苦笑)。



私は結構気持ちいいんですが、男性は動けないんですね、全然(爆)。



「う〜〜ん、身動きとれねぇ」「男の肌が気色悪い」「よ〜〜し、じゃあ、かわるばんこに何発出せるか競走だ!」並行して犯すのは放棄したようで(言うまでもなくかと・・・)、今度は交代で私のオマンコに彼らは突撃して来ました。


みんなの精子でいっぱいにしてやるよ」それから朝まで・・・何度犯されたでしょう。



一人5回くらい射精したらしいですから、15回くらいは中に出されたはずです。

私は休みなくペニスを突き立てられ・・・休みなく3人の精液と本人の愛液にまみれた彼等のペニスをしゃぶらされました。



でも大いに気持ち良かった・・・次々と子宮の奥に熱い精液を発射され、現実に満たされた心情でいっぱいになりました。

いやいや、若かったですね・・・。



現時点では大いにそのような元気はないのですが、時折あの頃の奔放なセックスに溺れた決まった的を思い返してはふと懐かしくなります。








[ 2017/04/21 21:48 ] 未分類 | トラックバック(-) | CM(0)
プロフィール
61610881_480x399.jpg
リンク
戦国プロヴィデンスX

娘々三国志~天下にエロ男はただ一人~ オンラインゲーム

ヤれる子!電車エッチ ダウンロード版

バレたら終わり!私は親友の弟と交尾しちゃっている

彼女を寝取ったヤリチン男を雌堕ちさせるまで ダウンロード販売

HHHch

ライブチャットで恋愛体験!?
オススメ
大人のおもちゃ通販
最新売れ筋






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。